ナカの目のつけどころ

押すだけでドアが開く便利アイテム!

ナカ工業は、ワンタッチドアオープナー「オストパス」を開発し、2024年5月より販売を開始しました。

オストパスとは、レバーハンドルの付いた室内ドア(開き戸)を押しボタン式に変えて、ドアを開けやすくする便利グッズです。疾患や筋力の低下で手や指が自由に動かせない方、また荷物を持って両手が塞がっているときにも使いやすいアイテムです。

部屋のドアが開けづらい?

みなさんがお住まいの家にあるドアはどんな種類ですか?きっと開き戸や引き戸、場合によっては折れ戸があると思います。その中でも一般的は開き戸は、レバーハンドルと呼ばれる取っ手を持ち、手首をひねって押したり引いたりすることでドアを開けることができます。

ところが手や指に何らかの疾患や障害を抱えていると、このドアハンドルを持つ・手首をひねる・手前に引くという動作が困難な場合があります。技術研究所に配属されて1年目のRさんはこの問題について研究することにしました。

部屋のドア

複数の大学や福祉研究所、リハビリテーションの専門家にヒアリングを行い、「誰でもドアを簡単に開けられる」「全てのドアに設置可能」を目標に改良を重ねました。手の不自由な方々へのアンケート調査でいただいた「使ってみたい」という声に応えられるよう、自宅のドアにも設置して日々研究を重ねていきました。

通常の開き戸が使いにくい場合、リモコン操作で自動開閉できるようにする製品の設置や、既存の開き戸を引き戸に改修することで、使いやすくすることも可能です。しかしこれらは設置費用や改修工事費用が負担になる場合があります。費用負担を抑え、取り付けに工具を必要としない、かんたんに設置できる製品という条件も追加しました。

押す動作に変換して問題を解決!

オストパスを手で押す

室内ドアにこの製品を取り付けると、プッシュハンドルの前面部分を押すだけで簡単にドアを開けることができます。回転式のハンドルでは、手首や指に負担がかかりますが、この製品は押すだけで開けられるため、体への負担が軽減されます。

特にリウマチの症状を抱える方にとっては、日常生活での動作が困難な場合もあります。しかし、この製品は手や身体で押すだけでドアを開けることができるため、手首や指への負担も少なくなります。力を入れずに開けられるため、関節への負担が軽減されます。さらに、両手が塞がっているときでもドアを開けられるのでご家族みなさまで便利にお使いいただけます。

オストパスを身体で押す
ドアオープナー

またドアを手前側に開くときにはレバーハンドルを身体側に引いて開く必要がありますが、ドアオープナーを取り付けることで、ふわっとした動きでゆっくりとドアが開きます。ばねの力がドア開きをサポートしてくれるため、かんたんに操作することができます。

取り付け方法

取り付けはとっても簡単で、ねじや工具は必要ありません。ドアオープナーはドア上部に挟み込んで設置、プッシュハンドルは既存のドアに両面テープで貼るだけで使用することができます。ぜひ日常生活の中で、この機能的で使い勝手の良いオストパスの便利さを実感してみてください。

取り付け方
取り外し方
注意
注意
  • ノブハンドルやプッシュハンドルおよび特殊な形状のレバーハンドルには取り付けることができません。
  • 本品は住宅の室内ドアに設置することを想定した製品です。玄関ドアや重量のある金属製扉、戸当たりがついていない扉、ドアクローザー付きの扉等には設置できません。
  • ドアハンドル部分に縦6cm×横4.5cm以上の設置スペースがない場合、また意匠枠のある扉やガラスはめ込み扉などの接着面が平らでは無い場合など扉の表面状態によっては取り付けることができません。
  • 扉の表面状態によっては、プッシュハンドルを外した時にテープ跡が残る場合や、扉表面を傷める場合があります。

受賞

  • 【優良製品・技術表彰2024】優秀賞(一般社団法人日本建築協会賞)