PRODUCT

SNS工法|ベランダ手すり補修

雨水の侵入により経年劣化したベランダ手すりの状態を診断し、延命処置を行います。充填補修施工のSNS工法です。

設置場所

主な特長

劣化の進んだベランダ手すりはありませんか?

ベランダ手すりの状態を診断。同時にSNS工法で、大規模修繕工事までの間、延命処置をします。

  • アルミ材に配慮した専用の充填材を使用します

  • 滞留水を残さず、再び水が侵入するのを防ぎます

  • 支柱内部に充填材が密着、化学反応により劣化を抑制します

  • 調圧キャップにより、雨水の再侵入を防ぎます

劣化した支柱

ベランダ手すり腐食のしくみ

腐食のしくみ1

モルタルの収縮によって、支柱とモルタルの間にすき間が生じてきます。

腐食のしくみ2

太陽の直射によって支柱の温度が徐々に上昇し、支柱内の温度が高温になります。

腐食のしくみ3

雨が降ると支柱内の空気は急激に冷やされ、減圧し、支柱とモルタルのすき間から雨水を吸い込む現象が生じます。

腐食のしくみ4

時間の経過とともに支柱に溜まった水が、経年劣化を促進します。

導入・設置

診断および処置の手順

支柱下部の側面に診断用の穴を開けます。

手順1

SNS工法専用の充填材を溢れ出るまで充填すると、細かいすき間に充填材が浸透していきます。

手順2

充填材が注入口より下がっている場合、所定の位置まで追注入をします。

手順3

調圧キャップを取り付けます。

手順4

支柱の上部側面にも調圧キャップを取り付けます。

手順5
続きを見る

お問い合わせ

パナソニックスタジアム吹田