PRODUCT

オクトパス|ベランダ手すりオール支柱交換

傷んだベランダ手すりの支柱をまるごと交換します。既存の支柱を芯材ごとすべて取り除き、既存と同じ位置に専用のベース金具と新しい支柱を設置します。

設置場所

主な特長

ベランダ手すりの支柱をまるごと交換します

サビやクラックなど、傷んだベランダ手すりの支柱をまるごと交換し、強度を確保します。既存の支柱を芯材ごとすべて取り除き、既存と同じ位置に専用のベース金具と新しい支柱を設置します。

ベランダ手すり腐食のしくみ

腐食のしくみ1

モルタルの収縮によって、支柱とモルタルの間にすき間が生じてきます。

腐食のしくみ2

太陽の直射によって支柱の温度が徐々に上昇し、支柱内の温度が高温になります。

腐食のしくみ3

雨が降ると支柱内の空気は急激に冷やされ、減圧し、支柱とモルタルのすき間から雨水を吸い込む現象が生じます。

腐食のしくみ4

時間の経過とともに支柱に溜まった水が、経年劣化を促進します。

導入・設置

工法手順

支柱を芯材ごと切断します。

手順1

躯体に埋まった部分を少し削り、錆止めを塗布し防腐処理を施します。

手順2

モルタルで埋め戻します。

手順3

専用アングルを既存の手すりに取り付け、養生期間を設けます。

手順4

モルタルが硬化し、防水工事などが終わったあと、専用ベース金具を取り付けます。

手順5

新しい支柱をベース金具に差し込み、トルクレンチで固定。トルクを確認しベースカバーを取り付けます。既存の格子や上下弦材を取り付けて完了です。

手順6
続きを見る

お問い合わせ

パナソニックスタジアム吹田