トイレまわり手すり

主にトイレ・浴室・玄関などに設置され、その多くがI型やL型形状です。姿勢保持のほか、立ったり座ったりという動作を補助します。こちらは主にパブリック・セミパブリック向けの製品です。

ステンレス・コンビネーション

セフルセフル
ミニクネミニクネ

背もたれ、肘掛け

レストハンドレストハンド

住宅向け手すり

個人の住宅では、手すりを必要とされる方に合わせた位置に設置することが基本です。トイレ・浴室の他、洗面所や脱衣室も水濡れで足元が滑りやすいので、手すりがあると安心です。

愛の手スクエア
「愛の手スクエア」
"握る"ためだけではなく、"寄りかかる"ことも考えて作り出された新しい形状。介護や介助を必要とする方が、より自立した生活を送ることを目的に開発されたトイレ用補助手すりです。
ソフトハンド
「ソフトハンド」
住宅のトイレや玄関に最適な補助手すりです。手すり笠木部分にはディンプル加工(凹凸加工)が施されているので、手のひらの形に沿ってしっかりと握ることができます。

トイレや浴室への補助手すり設置について

座ったり立ち上がったりと身体に負担のかかりやすいトイレや、浴室内の水にぬれた洗い場や浴槽内への出入りなどは、身体のバランスを崩しやすく、負担の大きい動作が多く含まれます。それらの負担を軽減し、未然に転倒などの事後を防ぐため、形状の異なる手すりの併用や数カ所への設置、歩行補助手すりとの併用などが効果的です。

トイレ

可動式手すりL型手すり座ったり、立ち上がったりと身体に負担がかかりやすい場所です。L型や可動式の手すりを設置すると、それらの負担を軽減でき、また自立した生活をおくるサポートにもなります。正面の壁に手の届きやすい縦手すりや横手すりも、立ち座りに効果的です。
また座位姿勢を保つため、前屈姿勢用の手すりや肘掛け、背もたれを設置することもあります。

洗面所/脱衣所

水平手すり洗顔や衣服の着脱など立ったままの動作が多く、身体のバランスを崩しての転倒が起きやすい場所です。縦型や横型の手すりがあると身体を支えられるので、未然に事故を防止できます。
また脱衣室と浴室の出入りやドアの開閉は、足元の水濡れにより滑る恐れがあるため、ドアの脇に縦手すりの設置が身体の支えに有効です。

浴室

I型手すり水にぬれて滑りやすい場所での立ち座りや身体の向きを変える行為は、身体に負担がかかったり、転倒事故が起きやすくなります。縦型の手すりを設置することで身体を安定させることができます。

浴槽

L型手すりI型手すり洗い場から浴槽をまたいでの入浴や浴槽内での立ち座りなどの動作は、転倒事故が起きやすくなります。立ち座りの動作補助や姿勢保持の機能を持つL型手摺を設置することで、安心して入浴ができます。またディンプル(凹凸)加工などの滑り止め効果がついたタイプもおすすめです。

カタログ・資料

手すり総合カタログ

手すり総合カタログ

ミニクネ

ミニクネ

手すりのおはなし

手すりのおはなし